水彩画を始めるにあたり

初期の段階ではコストとの相談が必要かもしれませんが、バラ売りなどでそれぞれの描味を確かめてみることも良いでしょう。

ご自身が描きたい発色やにじみを表現してくれる道具(紙)がきっとみつかるはずです。水彩専用紙の良い点は、色塗りなどの修正に強い点もあります。

描画中に色味を淡めにしたり、色を重ねる作業中にも水分に強い特徴があります。水彩画は気ままに気軽に絵を描ける特長があります。

仰々しく額縁に収めて眺めるだけではなく、お手紙のハガキや便せんに気軽にお好きなイラストを描いてみることも水彩画を楽しむポイントです。文字やメッセージを書くように、水彩画を日常の中で楽しみましょう。

水彩画をはじめるためには道具を揃えることも大切ですが、道具に縛られないことも必要ではにかなと個人的には考えております。