額縁はアートと呼ぶべきか

美術館などで古典的な名画を鑑賞していると、その作品が収められた額縁の装飾の美しさに見とれてしまうことがあります。絵画作品の素晴らしさもさることながら、額装の美しさが胸を打つことがあるのですから、額装職人たちの匠の技は、名画などに匹敵するような価値ある技術であるのではないでしょうか。

額縁の役割としては、本来は収められた作品よりも前に出ることは望ましいとは言えないと思うのですが、人目を引くような美しい額縁に出くわしてしまうと、絵画そっちのけで額縁の造形にみとれてしまう自分がおります。古典的な絵画の作品が、現代に伝承される過程において、何度か額縁が交換された作品もあれば、絵板とともに制作された取り外しのきかない絵画作品もあるようです。

現代人の感覚のなかでは、額縁はお部屋の雰囲気に合わせて交換することが当たり前のようにも思えますが、額縁を絵画作品の一部として制作さてれていた時期があると思うと、額縁アートの奥深さを感じてしまいますね。

欧州から見た額縁 – 額縁MIRADA -のTopへ